仕事のやりがいの見つけ方!4つのポイントで楽しさ倍増!

 

こんにちは!

地方の就活生を応援するコールフォース株式会社の玉川です。

 

「今の仕事、やりがいがないんだよね」

 

私の友人の中でも、そんなことを呟く人はわりといます。

 

毎日やりがいのない仕事をし、楽しみは休みの日だけ。

そんな生活を送っている人は思っている以上に多いです。

 

「仕事なんだから、別に楽しくなくても仕方ない」

「やりがいのある仕事に就けている人はラッキーだ」

「仕事は、お金を稼ぐために必要なだけで、本当ならやりたくない」

 

そんなこともよく聞きますが、はたして本当にそれでいいのでしょうか?

 

よく考えてみてください。

最低8時間、つまり1日の1/3は仕事をしているんです。

 

それが定年まで何十年も続く。

休みの時間を過ごすよりも、はるかに多くの時間を労働に費やすことになるんです。

 

それなのに、仕事にやりがいを感じることなく、むしろ苦痛とさえ思いながら生きてしまっては、めちゃくちゃもったいないです。

 

生きるのにお金は必ず必要です。

なので、仕事もお金を稼ぐツールの1つであるため、必要なことです。

 

でも、その仕事がやりがいがなくて楽しくない、苦痛な時間になってしまっては、そのうち

 

「自分はなんのために生きているんだろう?」

「お金を稼ぐためだけに生きている」

 

と、そんな感覚にも陥りやすくなります。

 

そうなってしまっては、楽しい人生を送れているとは言いにくいですよね。

 

仕事にやりがいを見つけて楽しく働く。

これってすごく大事なことだと思います。

 

やりがいのある仕事を見つける、というのはもちろんですが、例えば自分のそんなに興味のない仕事に就いてしまった場合。

そんな環境でもやりがいを見つけ出すことはできるはずです。

 

今回は、仕事のやりがいについて、そしてその見つけ方を一緒に考えてみましょう。

 

 

”やりがい”ってそもそもなんだろう?

 

”やりがい”=物事をするに当たっての心の張り合い。しがい。

(参考出典:三省堂大辞林)

 

 

物事を仕事に置き換えて考えてみましょう。

 

仕事をするにあたって、心に張り合いがでる時ってどういう時だと思いますか?

 

総合求人・転職支援サービス『エン転職』上では、ユーザーを対象に「仕事のやりがいと楽しみ方」についてこんなアンケート回答が得られています。

 

(引用:エン・ジャパン株式会社 総合求人・転職支援サービス『エン転職』

 

”お礼や感謝の言葉をもらうこと”

”仕事の成果を認められること”

 

などが、男女共通して多かった回答です。

 

誰でも、「ありがとう」と言われたら嬉しいものですよね。

 

お客様から直接お礼を言ってもらえたり、上司あるいは同僚から「助かるよ」なんて言われたら、俄然やる気が出るものです。

 

また、人には”認められたい”という欲があります。

なので、自分がした仕事が認められれば大変嬉しくなり、「次もがんばろう!」という気持ちになります。

 

他にも、

 

”目標を達成すること”

”仕事をやり遂げること”

”自分の成長を感じること”

 

など、自分自身の欲求が満たされたり、自分にもメリットが多い場合、やりがいがあると感じやすいようです。

 

 

やりがいがあると言われる職種TOP20!

 

一般的にやりがいがあると言われている仕事を一部ご紹介します。

転職サイトdodaがビジネスパーソン15,000人に仕事満足度ランキングを行っています。

 

  • 仕事内容
  • 給与・待遇
  • 労働時間
  • 職場環境

 

などの満足度をもとに、112職種の中から上位20職種をランキングで出した結果がこちら!

 

1位 MR(メディカル リプレゼンタティブ)(営業職)

2位 ビジネスコンサルタント(専門職)

3位 管理会計/内部統制(企画・管理職)

4位 事業企画・新規事業開発(企画・管理職)

5位 営業企画(企画・管理職)

6位 基礎研究・先行開発・要素技術開発(モノづくり系エンジニア)

7位 広報/IR(企画・管理職)

8位 リサーチ/市場調査(企画・管理職)

10位 内部監査(企画・管理職)

11位 技術営業・アプリケーションエンジニア・FAE(モノづくり系エンジニア)

12位 設計監理(建築・土木系エンジニア)

13位 ITコンサルタント(アプリ)(IT・通信系エンジニア)

14位 人事(企画・管理職)

15位 薬事(医療系専門職)

15位 医療機器メーカー(営業職)

15位 プロデューサー・ディレクター・プランナー(クリエイティブ職)

18位 積算(建築・土木系エンジニア)

19位 意匠設計(建築・土木系エンジニア)

20位 学術/メディカルサイエンスリエゾン(医療系専門職)

(引用:転職サイトdoda

 

上位にきている職種の満足度コメントは、「患者様やお客様の役に立てる」「世の中への貢献度が高い」などが挙げられます。

 

やっぱり、人や何かの役に立てて、それに対して直接的に「ありがとう」と言ってもらえる仕事は、やりがいを感じやすいようです。

 

一方で、研究・開発、ITコンサルタント、クリエイティブ職なども20位以内に入っていますよね。

自分のやりたいことや好きなこと、没頭できること、得意なことを仕事にしているので、満足度が高いのはないでしょうか。

 

 

では、直接的に「ありがとう」も言ってもらえない、自分の好きなことや、やりたいことではない職種だったらやりがいがないのか?

と言うと、決してそうは言い切れないと思います。

 

 

”やりがい”を見つける4つのポイント!

 

どんな環境、どんな仕事でも自分次第でやりがいを見出すことはできます。

それにはいくつかのポイントがあります。

 

目標設定を明確化する

会社でよくある”ノルマ”や上司から与えられた目標なんかがありますよね。

もちろん、それを目標としてがんばるのもいいです。

 

でも、「与えられる目標」ではなく「自分で決める目標」というものを作ったほうが、やる気が一気に湧いてきます。

 

「今日は午前中のうちに資料を作り終えるぞ!」

「今月の売上ノルマ100万円のうち、50万円は半月で達成させよう!」

「絶対残業せずに帰る!そのために今日の仕事の段取りはこうしよう」

 

とか、どんな些細なことでもいいです。

自分が達成できそうな目標を決めて、目標を達成させる。

 

その達成感により、どんどん仕事が楽しくなっていきます。

「自分ってやればできるじゃん!」と、成功体験の積み重ねが自信にもつながります。

 

また、自分の目標を掲げることによって、当事者意識が湧きます。

「こうしろと言われたから、やる」という”やらされてる感”よりも、「自分がこうしたいから、やる」という積極性が出て、やりがいを実感しやすくなります。

 

 

まわりの人と信頼関係を築く

仕事はひとりではできません。

上司や先輩たちから仕事を教わったり、同僚たちと一緒に学んでいくものですよね。

 

そんな他の仲間たちと同じ目標に向かってがんばったり、悩んだり、時にはぶつかったり。

そうするうちに、どんどん信頼関係が深まっていきます。

 

お互いに助け合い、共感し合うことで、チームワークが良くなり、仕事に対しての楽しさも増します。

 

ライバルを作る

仕事仲間に対してライバル視するのも、やる気がでるポイントです。

 

「自分があの大きな仕事をしたい!」

「誰よりも早くノルマを達成させたい!」

 

と、あえて他の人と競争してみるのもいいと思います。

 

そうすることで、仕事に対しての熱量が増し、お互いに良い刺激になったりするものです。

 

 

適度に休む

仕事のことばかりでは、疲れてしまう時もありますよね。

いい仕事をするには、休むこともとても大切です。

 

わが社コールフォースも、仕事と休みの区別ははっきりさせています。

しっかり仕事をして、休みは休みで楽しむ!

そんなスタイルを大事にしています。

 

実際、コールフォースにはイベントがたくさん!

バーべキュー、誕生日会、スノーボード合宿、お花見など、仕事以外で楽しむ時間を作るようにしています。

 

楽しい時間を過ごして、気持ちもリフレッシュ!

そうすることで自然と「仕事もがんばろう!」という意欲が湧いてくるものです。

 

まとめ

 

人からお礼を言われたり、感謝されることにやりがいを感じる人。

目標を達成して、結果を出すことにやりがいを感じる人。

上司にほめられることでやりがいを感じる人。

時間内に計画通りに仕事を終わらせることにやりがいを感じる人。

 

”やりがい”というのは、人によって様々です。

あなたが心に張り合いを感じることはどんなことでしょう?

一度考えてみてくださいね!

 

>>安定志向の意味を考えて見えてくる!今の時代に本当に必要なこととは?

>>安定志向の反対語は?安定を求める若者へ、ベンチャー社員から一言!

>>地方の就活生の悩みは?その悩み、少しでも減らしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です