東京で一人暮らししたい女性必見!費用と節約術を経験者に聞いてみました

 

こんにちは!地方就活生を応援するコールフォース株式会社の玉川です。

 

地方を出て、東京で一人暮らしをしたいと考えている女性のみなさん。

 

一体費用はいくらかかるか、把握できていますか?

基本的な一人暮らしで必要なお金に加えて、女性は何かと物入り!!

 

私自身も地方から出て一人暮らしをしていますし、わが社の女性社員にも一人暮らしをしている女性はいます。

そこで、実際生活してみてわかった一人暮らし生活でかかる費用をまとめてみました!

 

一人暮らしで必要な費用はなににいくら?

 

まず、一人暮らしで必要な費用をご紹介します。

  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 食費
  • 交通費
  • 通信費
  • 交際費
  • 雑費

 

これらは男女問わず必要になる費用です。

 

東京で一人暮らし、家賃の相場は?

 

(出典:マイナビ賃貸住まいと暮らしのコラム

 

東京で一人暮らしをする際、家賃の平均は6~8万円となっています。

 

そもそも、家賃の目安は「月給の3分の1以内」言われています。

 

大卒の初任給の平均は約20万円ほど。

そこから保険料や住民税、所得税などがひかれてマイナス1~2万円ほどになるとして考えてみましょう。

 

 

(例)月給18万円・・・家賃6万円が目安

 

 

自分が東京で働き出した時のお給料を想像してみてください。

いくらもらえるのか、その金額から3分の1くらいが家賃代としてあてられる、と考えてみるといいですよ。

 

では、家賃以外で必要な費用はどのくらいかかるでしょうか?

実際みなさんそれぞれどのくらいかかっているか、平均を見てみましょう。

 

 

仕事もプライベートもガチ!年齢・性別・学歴関係なしの”フルフラット”な当社の様子、ちょっとのぞいてみる?

 

34歳以下の単身女性の平均

【固定費】

食費 30,794円
電気代 3,250円
ガス代 3,024円
上下水道料 1,635円
家具・家事用品 3,976円
被服及び履物 9,410円
保健医療 4,627円
交通 5,636円
通信 8,283円
合計 70,635円

 

【その他雑費】

理美容サービス 2,868円
理美容品 6,592円
たばこ 810円
交際費 8,954円
合計 19,224円

(引用:総務省統計局 家計調査年報(家計収支編)平成29年(2017年)

 

女性は、その他雑費の”理美容サービス”や”理美容品”がけっこうかかってきます。

(”理美容サービス”は大体2ヵ月に1度美容室に通った場合の1ヶ月当たりの金額がこのくらいということです)

 

一人暮らしで必要な固定費&その他雑費と、家賃代全部合わせてみると・・・

 

 

固定費+その他雑費=89,859円

89,859円+家賃6万円=149,859円

 

 

女性一人暮らし1ヶ月の費用は、約15万円ほどかかります!

 

ただし、これはあくまで平均。

節約や工夫によってはもっと減らすこともできますので、節約術については後ほどお伝えします!

 

 

自分史上最高にデキるやつになる!「お前、輝いてるね」と言われる働き方をしよう

 

一人暮らしをするための引っ越し費用が大きい!

 

引っ越しにかかる初期費用の一般的な相場は家賃6ヶ月分程度と言われています。

 

家賃6万円の場合、約36万円ほどが目安、ということですね。

 

では、引っ越しで必要な費用を見ていきましょう。

 

初期費用

一人暮らしをするには、アパートやマンションを賃貸しますよね。

それに必要となる初期費用があります。

 

■敷金

借主が退去時の修繕費用や、家賃滞納した場合の時の備えになるお金

 

■礼金

大家さんへ「入居させてくれてありがとう」というお礼の気持ちを表すお金

 

■仲介手数料

仲介業者(不動産会社)などを通して契約した場合、成功報酬として業者へ支払うお金

 

■前家賃

賃貸契約時に合わせて払う翌月分の家賃のこと

 

■日割り家賃

家賃を入居日数で割った金額で払う家賃のこと

 

■管理費・共益費

マンション、アパートの共有スペースや建物の維持、修繕などに使われる費用

家賃の5~10%(例)家賃6万円の場合 3,000~6,000円

 

■鍵交換費用

前の入居者が使っていた鍵から自分の鍵へ交換するのにかかる費用

 

■保証会社利用料

連帯保証人がいない場合、大家に対して「家賃の支払いを保証する会社」を利用する費用

 

■火災保険料

火事や水回りのトラブルを対象とした損害保険の費用

 

このようなものが初期費用として必要になります。

それぞれの相場はこちら。

 

【賃貸契約の初期費用の目安】

内訳 相場
敷金 家賃1ヶ月~2ヵ月分
礼金 家賃1ヶ月~2ヶ月分
仲介手数料 0.5ヶ月~1ヶ月分
前家賃 家賃1ヶ月
日割り家賃 日数で異なる
管理費・共益費 家賃の5~10%
鍵交換費用 15,000円~
保証会社利用料 家賃50%~100%
火災保険料  20,000円前後

 

これが賃貸契約でかかる初期費用の目安です。

 

次は、必要な生活品でかかるお金を見ていきましょう。

 

家具・家電・日用品でかかるお金

家具や家電付きの物件もありますが、基本的にはなにもないと考えてみましょう。

はじめは0の状態なので全て揃えないといけないですよね。

 

特に必要なものをピックアップしてみました!

 

【家具】

・テーブル

・椅子

・カーテン

・ベッド(布団)

・タンス(収納ケース)

・食器棚 etc…

 

目安は約80,000~100,000円ほど

 

タンスについては、最近の物件だとクローゼットが備わっているところも多いです。

服や物を片付けるのに必要なら収納ケースで十分なことも。

 

【家電】

・洗濯機

・冷蔵庫

・炊飯器

・電子レンジ

・エアコン

・テレビ

・掃除機

・ドライヤー etc…

 

目安は約150,000円ほど

 

エアコンは備え付けのものがあるところも多いです。

 

【日用品】

・洗濯用品(洗剤、洗濯バサミ、ハンガーなど)

・調理器具(鍋、フライパン、ボウル、まな板、包丁、菜箸など)

・食器(お皿、コップ、フォーク、スプーンなど)

・キッチン用品(洗剤、スポンジ、ゴミ袋、サランラップなど)

・トイレットペーパー

・生理用品

・ティッシュペーパー

・お風呂用品(ボディーソープ、シャンプー、トリートメント、タオルなど)

・洗面台用(洗顔料、メイク落とし、歯ブラシ、歯磨き粉など)etc…

 

目安は約20,000円ほど

 

日用品で必要なものはこんな感じです。

 

実際生活してみると、「これは要らないな」とか「これがあるといいな」とかもわかってきます。

なので最初から全部揃えようとしなくても大丈夫ですよ!

 

自分で生活してみて、必要になったら買う、というほうが無駄をはぶけるのでオススメです。

 

 

一人暮らしをしている女性社員に聞いてみました!

 

わが社でも一人暮らしをしている女性社員がおります。

そのうち2人に一人暮らしでかかる費用や、やりくり術を聞いてみました!

 

家賃代について

 

女性社員26歳

7万円ぐらい。

横浜駅周辺に住んています。

 

女性社員23歳

駅徒歩10分圏内。

バストイレが別の1K。

管理費込みで月7.4万円です。

 

2人とも、横浜市内に住んでいて家賃7~7.5万円ほど。

 

東京で一人暮らしをする場合は、場所にもよりますがプラス1~2万円ほど高くなることもあります。

 

食事について

 

女性社員26歳

食事は、コンビニによく行きます。

外食する場合は3000円ぐらい使います。

 

女性社員23歳

仕事の日は朝ごはんを食べないことが多いです。

休憩の時間に500円以内でコンビニの食事を買っており、帰宅時間が遅いので夜は食べていません。

 

やはり、一人暮らしの食事=コンビニ弁当、という感じですね(笑)

仕事をしながら自炊するのは、なかなか大変なものです。

 

でも、健康面を考えると自炊したほうが断然体には良いです!

金銭面でみても、自炊したほうが節約できます。

 

例えば朝にコンビニで300円、昼夜に500円~1,000円と使っていたら1日に2,000円近く使うことになります。

つまり1ヶ月60,000円も食費で消えることに!!

 

自炊は大変、というイメージがありますが、”作り置き”をしておくとかなり楽になります。

 

休みの日などにまとめてドンっ!と作って冷凍保存。

小分けに保存しておけば、食べたい時に電子レンジでチンしてOK!

 

これだと食費も抑えられるし、健康面でもコンビニよりは全然いいですよね。

 

美容代について

 

女性社員26歳

モニターなどに参加して試供品を頂くことが多いので、あまりコスメは購入しません。

 

女性社員23歳

必要最低限のものしか使わないので、なくなったら買い足しています。

 

なるほど!

モニターや試供品を使ってやりくりするという術があるようですね!

 

そして、”必要最低限のものしか買わない”。

これは節約にはかなり重要なポイントです!

 

私自身よく思うのですが、女性って毎日使う消耗品にかかるお金が多くないですか?(笑)

基礎化粧品やコスメなんか、絶対必要だけど消耗品なのであまり高額もかけられない・・・。

 

でも正直、インスタグラムや雑誌などを見ているとあれもこれもと欲しくなってしまいますよね。

 

プチプラ商品を選んでも、数百円~数千円のものをいくつも買っていたら、あっという間に1万円ほどかかっていたり・・・。

そこを我慢!!

 

節約するには、必要なものを、必要な時にだけ買う!これが大事です。

 

たまにご褒美で「いくらまで」と決めて買ったりするのもいいと思いますよ!

 

服代について

 

女性社員26歳

1~2万円ぐらい。

韓国の通販は安く買えるので良く使います。

 

女性社員23歳

洋服は、プチプラの商品を購入することが多いです。

上限金額を1万円前後に抑えて買い物をしています。

 

やはり服代を節約する場合も、プチプラ商品が大活躍!

韓国通販とか、たしかに安いですよね。

 

予算はだいたい月に1~2万円ほど。

プチプラ商品だったら数着買えるし、着回しすれば何パターンかできるのでそれでも十分いけます!

 

その他にできる節約術

一人暮らしでかかる費用の中に、電気代やガス代、水道代があります。

これを節約することで、費用を抑えられます!

 

よくされている節約術をご紹介しますと・・・

 

  • 電気はこまめに消す
  • 使わない時はコンセントを抜く(電源タップを使ってスイッチを切る)
  • エアコンは逆につけたり消したりしない!
  • 食器や顔を洗う時、シャワー中もできるだけ水を止める
  • シャワーヘッドなどをつけて節水

 

などが挙げられます。

 

塵も積もれば山となる・・・。

ほんの些細なことですが、このちょっとしたことで節約できるのなら絶対したほうがお得ですよね!

 

まとめ

 

女性の一人暮らしでかかる費用などをご紹介しました!

 

地方に住んでいる場合、ほとんどの方が実家暮らしをされていると思います。

実家暮らしと一人暮らしはやはり全然違います!

 

料理、洗濯、掃除。

実家だったら自分がしなくても当たり前にされていたことが、すべてなくなります。

 

全部自分でしなければいけない、それが一人暮らしの大変なところですよね。

 

しかし、逆を言えばそれが全て自分でできるようになる、つまり自立できるチャンスです。

女性の場合、花嫁修業にもなる!と考えると、一人暮らしの大変さもプラスになります。

 

そのために、準備やイメージはしっかりしておいてくださいね!

参考になれば幸いです。

 

>>東京で一人暮らしをする新社会人のあなた!家賃の相場は〇万円です!

>>東京一人暮らしで家賃が安い場所ベスト10!安い物件の6つの落とし穴に要注意!

>>東京でひとり暮らしするお金はいくら?平均額や引っ越し費用まとめました!

仕事もプライベートもガチ!ウチの会社、ちょっとのぞいてみる?