地方就活生の交通費を安く抑える技!3つのポイントでお得に就活!

 

 

こんにちは!

地方の就活生を応援するコールフォース株式会社の玉川です。

 

さっそくですが就活生のみなさん。

就活の際にかかる費用、大体いくらくらいかご存知ですか?

 

なんと、平均17万円!!

就活するのにこんなにかかるの!?と驚いた方も多いでしょう。

 

特に、地方から就活する学生さん。

平均額は軽く上回ると覚悟しておいたほうがいいですよ!

なんと言っても、地方から就活先へ出向く交通費がバカにならない!

 

一体どのくらいかかるのか?

どうしたら交通費を安く抑えられるか?

 

地方の就活生のみなさんが気になる就活費用を調べてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

 

地方→東京で就活した場合の交通費はいくら?

 

まず、地方から東京への往復がいくらくらいかかるのか?

新幹線、飛行機、バスそれぞれの金額をまとめてみました!

  新幹線 飛行機 高速バス
北海道 45,380円 69,580円 19,600円
青森 34,700円 60,780円 13,000円
新潟 21,140円 62,600円 8,600円
石川 28,240円 47,580円 10,400円
名古屋 22,180円 40,000円 7,000円
大阪 28,900円 48,580円 11,600円
広島 38,160円 64,380円 18,000円
福岡 45,900円 78,580円 22,000円

※飛行機はすべて羽田空港利用時の往復代です

 

1回の往復でこれだけかかるんです!

しかし、就活は1回往復するだけとは限りませんよね?

 

会社説明会に参加し、別日に面接を受ける。

面接で受かればまた後日二次面接、最終面接・・・と、数回出向かなければいけなくなります。

 

新幹線や飛行機を利用した場合、交通費だけで10万円超えてしまうことも!!

もちろん、就活費用は交通費だけではありません。

 

 

仕事もプライベートもガチ!年齢・性別・学歴関係なしの”フルフラット”な当社の様子、ちょっとのぞいてみる?

 

交通費以外の就活費用はいくら必要?

 

交通費の他に必要な就活費用はこのようなものが挙げられます。

 

■被服費(スーツ、鞄、靴など)

■宿泊費

■飲食費

■書籍代

 

それぞれどのくらいかかるのか、平均金額はこちらご覧ください。

 

(平均金額:円  使用率:%)

  総額 交通費 被服費 宿泊費 飲食費
平均金額 170,960 49,277 40,813 29,918 14,179
使用率 100.0 93.8 85.7 23.1 79.7
《地域別》          
北海道・東北 229,343 70,748 39,569 34,345 16,537
関東 158,562 36,919 40,448 22,351 14,689
中部 155,362 52,259 37,256 30,511 11,469
近畿 173,292 51,278 44,671 24,614 14,728
中国・四国 159,506 71,461 43,862 32,392 10,981
九州 205,800 68,222 37,243 38,759 14,254

(引用:就職白書2017株式会社リクルートキャリア

 

こうみると、交通費の他にも宿泊費、被服費がけっこうかかりますね。

地方から就活すると、日帰りでは無理な場合、宿泊しなければいけないこともあります。

 

宿泊施設によってかかる費用も変わってきますが、なるべく出費は抑えたいですよね!

後ほど宿泊費を抑えるポイントをお伝えします。

 

被服費は地方就活生だけではなく、就活生ならだれもが必要なものですね。

内訳はこのような感じになります。

男性の場合
スーツ ¥20,000
シャツ(2枚) ¥8,000
ネクタイ ¥5,000
¥8,000
靴下 ¥1,000
合計 ¥42,000

 

女性の場合
スーツ ¥20,000
シャツ(2枚) ¥8,000
¥5,000
ストッキング ¥1,000
合計 ¥34,000

 

こうやって具体的に金額を計算すると、本当に就活ってお金がかかるな・・・とウンザリしてきますよね(笑)

 

しかし、就活費用が十分にないと納得のいく就活ができなくなる可能性もあります。

そうならないためにも、できるだけ費用を抑える工夫をしてみましょう!

 

 

自分史上最高にデキるやつになる!「お前、輝いてるね」と言われる働き方をしよう

 

就活費用をできるだけ抑えるには?

交通費を抑えるポイント!

交通費を抑えるのには、どの交通機関を利用するかで大きく変わってきます。

先ほどの表をもう一度見てみましょう。

  新幹線 飛行機 高速バス
北海道 45,380円 69,580円 19,600円
青森 34,700円 60,780円 13,000円
新潟 21,140円 62,600円 8,600円
石川 28,240円 47,580円 10,400円
名古屋 22,180円 40,000円 7,000円
大阪 28,900円 48,580円 11,600円
広島 38,160円 64,380円 18,000円
福岡 45,900円 78,580円 22,000円

※飛行機はすべて羽田空港利用時の往復代です

 

一目瞭然ですが、高速バスはダントツで安いです!

 

移動時間が他の交通機関よりもかかってしまうのがネックですが、その時間を利用して仮眠をとったり、企業の情報を集めたりなどもできます。

とことん安く抑えるにはバスがオススメです!

 

もし新幹線を利用する際はお得なきっぷを見つけるのがポイント!

例えば、JR東日本を利用する際は、”モバイルSuica特急券”が断然お得!

モバイルSuica特急券とは?

新幹線もチケットレスで「タッチ&ゴー」。
携帯情報端末で新幹線の指定席/自由席を購入し、窓口や券売機できっぷを受け取ることなく改札機にタッチ&ゴーで新幹線の車内へ。もっと便利に、もっとお手軽に新幹線をご利用になれるサービスが、モバイルSuica特急券です。モバイルSuica特急券「モバトク」と、さらにおトクなお値段で新幹線が利用できるスーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」があります。

引用:JR東日本モバイル特急券

つまり、携帯やスマホで購入できるチケットレスの新幹線乗車券、特急券のことです。

わざわざ並ばずにきっぷを買えて、しかも紙のきっぷで買うよりも安くなるというのもの。

 

JR東日本が運営している東北、北海道、山形、秋田、上越、北陸の各新幹線でご利用できます。

例えば、北海道~東京の新幹線の値段でみてみましょう。

 

モバイルSuica特急券「スーパーモバトク」

紙のきっぷ 22,180円

スーパーモバトク 15,460円

ーーーーーーーーーーーーー

お得額 6,720円!

 

モバイルSuica特急券「モバトク」

紙のきっぷ 22,180円

モバトク 20,630円

ーーーーーーーーーーーーーー

お得額 1,550円!

どちらも普通に紙のきっぷで買うよりも安くなるんです!

 

モバトクとスーパーモバトクの違いは、モバトクは発車6分前までなら変更が可能で、キャンセル払い戻し手数料は310円。

スーパーモバトクは前日までに購入しなければいけなくて、変更もきかないけれど、予約変更やキャンセルの予定の可能性が低いなら断然スーパーモバトクのがいいです!

 

詳細はJR東日本のページをご確認ください。

JR東日本モバイルSuica特急券

 

宿泊費を抑えるポイント!

ビジネスホテルでも10,000円近くしてしまうところだとかなり痛い出費に・・・。

安いビジネスホテルやカプセルホテル、シェアハウスなどを利用するほうが宿泊費を抑えられます。

そこで、オススメのホテルを調べてみました!

 

◆オークホステル

就活ホテルキャンペーンをしているオークホステル。

就活生にピッタリなのが、価格、アクセスの良さ、就活生向けの特別サポート。

・1泊2,500円~

・都内主要ビジネス街から近い

・チェックイン前(朝6時から)施設を利用できる

深夜バスなどで東京に早く着きすぎても、荷物を預けたり着替えたりシャワーまでできます!

女性専用フロアもあって、女性の方でも安心してご利用できます。

公式サイトURL:https://oakhostel.com/jpn/

 

◆新宿区役所前カプセルホテル

無料Wi-Fiやコンセントが完備されていて、ネットカフェよりも快適に眠れる!

しかも大浴場やラウンジまでついてます。

・1泊3,500円以下

・大きな浴場(男性のみ)

・女性専用フロア有り

JR新宿駅東口、西武新宿駅より徒歩4分と、駅からもかなり近いホテルです!

公式サイトURL:http://capsuleinn.com/shinjuku/

 

◆就活シェアハウス

地方の就活生を全力でサポートしてくれる地方のミカタに会員登録すれば利用できる就活シェアハウス。

1泊からでも利用できるし、マンスリープランもあります!

・1dayプラン3,500円

・1weekプラン16,100円

・1ヶ月間 家賃31,000~50,000円

・家具家電付きなのでキャリーバッグ1つでOK

他の就活生との交流もあるので、情報交換などができていい刺激になります!

公式サイトURL:https://shusaposss.com/

 

 

被服費を抑えるポイント!

リクルートスーツはセットで買うのがお得です。

大手スーツ販売店などでは就活応援フェアをやっているところが多いので、そこで一式揃えましょう!

 

就活8点セット(スーツ、シャツ、ネクタイ、シューズ、ベルト、靴下、ハンカチ、Tシャツ)が約30,000円で揃えることが可能。

 

また、リクルートスーツは就活の間しか着る機会がありません。

身近にいる先輩や知り合いなど、就活を終えた人で体型の似ている人にスーツを借りるのも節約のコツ!

 

まとめ

 

交通費、宿泊費、被服費が就活費用の大部分を占めています。

ここをできるだけ抑える工夫をすることで、就活が少し楽にできると思います。

 

もちろん、前もって就活費用をしっかり貯めることが一番大事です!

計画的に就活費用を集め、なるべく安く抑えればお財布にも心にも余裕ができるはずです。

 

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

がんばってください!

 

>>上京就職したい理由ベスト5!面接で聞かれた場合に抑えるべき重要ポイント!

>>地方就活生の不利が武器になる!?逆境を乗り越える方法!

>>地方の就活生必見!かかる費用とやりくり術を調べました!

仕事もプライベートもガチ!ウチの会社、ちょっとのぞいてみる?